矯正治療の種類

唇側(しんそく)矯正/表側矯正とは?

唇側矯正/表側矯正は「くちびる側からおこなう矯正治療」です。矯正治療はワイヤーの弾性を利用して歯を少しずつ動かします。治療の段階にあわせてワイヤーを何本も交換していくので、歯に直接ワイヤーを着けるわけではなく、受け手となる”ブラケット"と呼ばれる矯正装置にワイヤーを通します。この矯正治療法は、最も歴史が深く、症例の研究や検証が多いため、治療的にも確立されています。歴史が深い分、症例や装置の種類が豊富にあることが、唇側矯正/表側矯正のメリットと言えます。他人から矯正装置が見えると言うデメリットもありますが、これは施術をする矯正歯科医からすると、よく見えると言うメリットになり、それが「期間も料金も最小限」という最大のメリットにも繋がってきます。最近では、目立ちにくい矯正装置も開発され、口腔内の状態にもよりますが、治療期間の平均は2〜3年です。

ブラケット【シルバー】

金属で出来ている一般的なブラケット(矯正装置)です。最も目立つと言うデメリットもありますが、最もコストがかからないと言うメリットもあります。アレルギーを引き起こしにくい金属で出来ていますが、心配な方は歯医者さんにて相談されてください。低コストのため、小学生からは最も多く選択される矯正装置のようです。

 ブラケット【ホワイト】

プラスチックやセラミックで出来ているブラケット(矯正装置)です。金属(シルバー)ではないため、表側につける装置の中では最も目立たず、審美的に一番優れています。ワイヤーも白やピーチゴールドを併用すれば、更に、目立たなくなります。金属と比べ目立ちにくいため、成人が最も多く選択される矯正装置のようです。

 唇側矯正/表側矯正のブラケット(矯正装置)のお手入れは、汚れている部分を自分で見やすいため、難しくない特徴があります。

舌側(ぜっそく)矯正/裏側矯正とは?

舌側矯正/裏側矯正は「歯の裏側からおこなう矯正治療」です。歯の表側に矯正装置を付けるのではなく、歯の裏側に矯正装置を付けるため、表側からはほとんど見えません。裏側から矯正することを、リンガル矯正と言います。誰にも気付かれず矯正治療を受けたい方、職業柄、目立つ装置がつけられない方などが、専念して受けられる矯正治療法と言えます。治療期間は唇側矯正/表側矯正と同様の平均は2~3年か、それよりもやや長めのようです。

 メリット

最大のメリットは表側から矯正装置がほとんど見えないため、人目を見にせずに治療期間を過ごせる事です。また、日常的にスポーツをされている方などにとっては、何かにぶつかった時に強い衝撃を受けやすい唇側矯正/表側矯正よりも、舌側矯正/裏側矯正のほうがより安全です。楽器などを演奏する方にとっても、舌側矯正/裏側矯正であれば、演奏中、矯正装置があまり邪魔になりません。

 デメリット

歯の裏側に矯正装置が付いているため、口内炎が出来やすくなったり、発音障害が起こりやすい欠点もあります。ワイヤーの交換などに関しても、唇側矯正/表側矯正と比べるとかなりの時間を要し、口を開いた状態を長く維持することが辛く感じる方もいます。これらの欠点から精神的に参ってしまう事もあるようです。また、費用についても他の矯正に対し高くなる傾向があります。

マウスピース矯正とは?

マウスピース矯正は「ワイヤーを使用せず、透明なプラスチック製のマウスピースで歯を動かす矯正治療」です。透明なマウスピースがぴったりと歯を覆うので目立たない利点もあるが、ワイヤーを使用する矯正治療よりも歯を動かす力が弱いため、適用に制限が生じるという欠点もあります。マウスピースは一人ひとりに合わせて作製し、治療の段階に合わせて新しいマウスピースへの交換が必要となります。

日本で一番メジャーと言えるマウスピース矯正は、アライン・テクノロジー社の矯正システムのインビザラインがあります。インビザラインは、治療計画をプログラミングで治療計画を立てます。ワイヤーを用いる矯正治療よりも、実際の口の中との誤差が0.1mm以内と、精度の高い予測の上、治療を進めていきます。治療期間は取り外しが可能のため、マウスピースの使用期間に左右されます。

 メリット

目立ちにくい!が最大のメリットで、取り外しが可能と言う手軽さもあります。取り外し可能のおかげで、マウスピースと歯の手入れがしやすく、虫歯のリスクが軽減されます。歯の移動が終了した後の保定期間にも、マウスピースを保定装置として利用出来ます。金属アレルギーの方にも適した矯正治療です。

 デメリット

歯並びが極端にでこぼこしていたり、歯の重なりが大きかったりする場合にはマウスピース矯正は適用できないことがあり、適用は軽度の不正咬合の治療に限られます。弱い力でゆっくりと歯を動かすため、ワイヤーを使用する矯正装置と比べると治療期間は長くなります。マウスピースを装着したままで食事は出来ず、取り外す必要があります。マウスピースの装着忘れは、治療期間が長引く原因になったり、歯並びの仕上がりにも影響したりします。

おすすめの記事