矯正治療期間中の食事について

矯正治療中の食事は、少し注意が必要な食べ物があります。

■装置が壊れる原因となるもの
ガムやソフトキャンディー、キャラメル、餅、グミなどの歯にくっつきやすいものや、ピーナッツやせんべい、するめ、硬い肉、フランスパンなどの固い食べ物は、装置が壊れる原因となりやすい食べ物です。また、リンゴやトウモロコシの丸かじりや、骨付き肉など、前歯でかじる食べ物も注意が必要です。前歯を使って食べると、矯正装置が壊れたり、外れたりしやすくなります。

■色の移りやすいもの
カレーやキムチ、ケチャップ、コーヒーなどで、矯正装置に使われているゴムが、変色してしまうことがあります。これらの食材によって、矯正装置が壊れたりすることはありませんが、矯正装置の変色が気になるときには、これらの食材は、避けた方が良いです。もしくは、ゴムを取り換える前日などに摂ると、良いでしょう。

■矯正装置に引っかかりやすいもの
繊維のあるものや、麺類、ひき肉などは、矯正装置に引っかかりやすいので、食後は注意が必要です。これらの食材に関わらず、矯正中は、矯正装置に食べ物が挟まりやすいので、食後は、歯磨きやうがいをしっかりして、一度口の中を鏡でチェックすることをお奨めします。

矯正装置を装着した直後や、調整を行った直後には、痛みが出るなどして、食事が摂りにくいこともあります。痛みなどで、食事が摂りにくい場合には、硬いものは避けて、柔らかいものを食べるようにしましょう。慣れてくれば、痛みもなくなって、硬いものでも何でも、好きなものを食べられるようになります。
食事が摂りにくいときには、豆腐やおかゆ、煮込みうどん、グラタン、柔らかいパン、プレーンオムレツ、アイスクリーム、プリン、ヨーグルト、ゼリー、バナナ、イチゴなどは、比較的食べやすい食事なので、おすすめのメニューです。